AirPodsマイクが機能しない問題を解決する効果的なソリューション[2023]

リサ・オウ投稿者 リサ・オウ / 18年2022月09日00:XNUMX

Apple の AirPods は、現在最も一般的に使用されているものの XNUMX つです。 これらの AirPods は、マイクを内蔵したワイヤレス Bluetooth イヤフォンであり、ユーザーは Hey Siri で電話をかけたり音声コントロールしたり、バックグラウンド ノイズを除去したりできます。問題なく。 通常、ユーザーはマイクに問題を抱えています。これは主に、重要な会議や通話中にマイクが機能しないためです。

同じ問題が発生している場合でも、パニックにならないでください。 この投稿では、AirPods のマイクが機能しない問題を修正するために使用できる最も簡単で効果的なソリューションを紹介します。

AirPodsマイクが機能しない問題を解決する効果的なソリューション[2023]
ガイド

ガイド一覧

パート1。なぜAppleAirPodsマイクが機能しないのですか?

問題を解決する前に、AirPodsのマイクが機能しない原因を最初に知っておく必要があります。 Airpodsマイクが突然機能しなくなった理由は次のとおりです。

  1. 設定の問題:AirPodsマイクが再び機能するように、設定を確認するか、わずかに変更することが重要です。 ほとんどのユーザーはこれについて間違いを犯す傾向があります。
  2. AirPodsが完全に充電されていない:AirPodsマイクが機能していない場合は、AirPodsのバッテリーが不足している可能性があります。
  3. 汚れの粒子:掃除や冒険的な外出などの活動中にAirPodsがほこりを蓄積した可能性もあります。また、AirPodを落としたことが原因である可能性もあります。 だから、汚れはあなたのAirPodsマイクの周りにありました。
  4. 接続/ペアリングの問題:Bluetoothは現在も機能しており、AirPodsはBluetoothを使用してユーザーのデバイスとペアリングおよび接続しますが、完全な機能ではありません。 不安定になる場合が常にあります。
  5. 損傷と機械的な問題:これはAirPodsマイクにとって最悪の可能性があります。 そして、ユーザーが聞きたくない用語は「AirPodsが壊れているか破損している」です。 しかし幸いなことに、この問題が発生することは非常にまれです。これは、昔ながらのイヤポッドやAppleの製品は丈夫で、長持ちするためです。

AirPodsマイクが機能しない理由を知ったら、特定の修正を試して、このマイクに関する問題を解決できます。 この投稿の次の部分に移動します。

FoneLab iOSシステムの回復
FoneLab iOSシステムの回復

FoneLabはiPhone / iPad / iPodをDFUモード、リカバリーモード、Appleロゴ、ヘッドフォンモードなどからデータを失わずに通常の状態に修正することを可能にします。

  • 無効化されたiOSシステムの問題を修正します。
  • データを損失することなく、無効なiOSデバイスからデータを抽出します。
  • 安全で使いやすいです。

パート2。マイクがAirPodsで機能しない問題を解決するための最良の解決策

実際にAirPodsマイクが機能しなくなる可能性のあるいくつかの問題があります。 ここで説明したヒントは、必ずしもすべてを行う必要はありません。 それらを読み、問題を解決するためのニーズに最適なソリューションを選択してください。 ただし、試した方法がうまくいかなかった場合は、別の方法を試してください。 その上、私たちはあなたが使うことができる多くのテクニックを共有しました。

解決策1.AirPodsをデバイスに再接続します

お使いのデバイスまたはAirPodsが他のBluetoothデバイスに接続されている場合、選択したデバイスに接続しようとしていないことに気付かないことがあります。 その結果、AirPodsが機能しないのはなぜか疑問に思っています。 ほとんどの場合、この簡単なヒントでAirPodsのXNUMX万の問題を解決できます。

AirPodsを再接続するには、以下の手順に従ってください。

ステップ 1AppleデバイスでBluetoothの電源をオフにしてから再度オンにします。

ステップ 2次に、のリストに 私のデバイス、AirPodの名前を選択します。

ステップ 3最後に、接続するまで待って、AirPodマイクが再び機能するかどうか試してください。

解決策2.AirPodマイクを掃除する

AirPodのクリーニングは本当に重要です。 それを行うには、乾いた綿棒を取り、AirPodのマイクをそれで掃除します。 スムーズなリスニング体験を保証するために、スピーカーメッシュでこれを時々行うこともお勧めします。 ただし、掃除はやさしくする必要があることを常に忘れないでください。

解決策3.AirPodsを充電します

AirPodsを使用する前に、完全に充電されているか、十分に充電されていることを確認する必要があります。 そうしないと、それとそのマイクを確実に使用することはできません。 ほとんどの場合、AirPodsが奇妙または奇妙に動作している理由は、バッテリーがほとんど切れているためである可能性があります。 充電する際は、正しいアダプターとケーブルを選択していることを確認してください。

解決策4.Bluetooth設定を確認します

設定機能はすべてのモバイル デバイスにとって不可欠です。実際、ユーザーはデバイスに問題があるたびに [設定] を参照する傾向があります。これを使用すると、そこで AirPods マイクを確認して修正することもできます。これを行うには、デバイスの [設定] > [Bluetooth] に移動します。次に、リストで Airdrop の名前を見つけて、右側の情報アイコンをタップします。最後に、[マイク] を選択し、利用可能なオプションに応じて右または左を選択します。

Bluetoothマイクの設定を確認してください

解決策5.デバイスを再起動します

AirPodsが実際に問題のあるものではない場合があります。 Androidに接続しようとしているデバイスが原因である可能性がありますが、不明な理由で使用できません。 そのため、デバイスを再起動することが、デバイスを通常の状態に戻すための最も簡単な方法になります。 ここで、デバイスを再起動するには、電源ボタンとXNUMXつの音量ボタンのいずれかを押し続けます。 スライダーが表示されたら、スライドさせて電源をオフにします。 デバイスの電源が完全にオフになり、画面が真っ暗になるまで数分待ちます。

FoneLab iOSシステムの回復
FoneLab iOSシステムの回復

FoneLabはiPhone / iPad / iPodをDFUモード、リカバリーモード、Appleロゴ、ヘッドフォンモードなどからデータを失わずに通常の状態に修正することを可能にします。

  • 無効化されたiOSシステムの問題を修正します。
  • データを損失することなく、無効なiOSデバイスからデータを抽出します。
  • 安全で使いやすいです。

解決策6.AirPodsをリセットする

この問題を解決するには、iPadをリセットして、何かが起こったかどうかを確認することもできます。 AirPodsをリセットする方法は次のとおりです。

ステップ 1まず、デバイスのAirPodsを忘れるか、ペアリングを解除します。

ステップ 2AirPodsのペアリングを解除した後、充電ケースに入れてリードを開き続けます。

ステップ 3次に、を押し続けます AirPodsの充電ケースのボタン。 ステータスライトを回すと、オレンジ色に点滅してから白く点滅します。 AirPodがリセットされました。

ステップ 4最後に、完了すると、AirPodsがリセットされます。 次に、AirPodsをもう一度接続して、問題が解決したことをデバイスが認識しているかどうかを確認します。

解決策7.AirPodsファームウェアを更新する

上記の方法のいずれも機能しない場合は、AirPodsファームウェアの更新を試みることもできます。 ファームウェアが古くなっていると、AirPodsマイクが機能しなくなる可能性もあります。 したがって、更新されていることを確認してください。 これを行うには、まず、[設定]>[一般]>[バージョン情報]>[AirPods]に移動して、iPhoneで更新されているかどうかを確認します。 古いバージョンであることがわかった場合は、AirPodsを充電ソースに接続し、Appleデバイスの横に置いてファームウェアを更新するだけで、インターネットに接続する必要があります。 最後に、30分後に再確認すると、更新されているはずです。 それでおしまい!

解決策8.FoneLabiOSシステムの回復

上記のすべての方法を実行し、何も機能しなかった後、AirPodsマイクを安全かつ効果的に修正するために使用できる最後の手段でありながら最高のツールは FoneLab iOSシステムの回復。 このプログラムにより、ユーザーはiOSシステムのほぼすべての種類の問題を専門的かつ効率的に解決して、元のパフォーマンスと機能に戻すことができます。 また、XNUMXつのiOSシステムリカバリモードを提供します。 標準モードと詳細モード.

FoneLab iOSシステムの回復
FoneLab iOSシステムの回復

FoneLabはiPhone / iPad / iPodをDFUモード、リカバリーモード、Appleロゴ、ヘッドフォンモードなどからデータを失わずに通常の状態に修正することを可能にします。

  • 無効化されたiOSシステムの問題を修正します。
  • データを損失することなく、無効なiOSデバイスからデータを抽出します。
  • 安全で使いやすいです。

標準モードでは、データを失うことなくiOSデバイスを修正できますが、詳細モードでは、すべてのデータが消去されますが、デバイスは元のデザインに復元されます。 では、このツールを使用してAirPodsマイクが機能しない問題を解決するにはどうすればよいですか? これがあなたが従うことができるチュートリアルです。

FoneLab iOSシステムリカバリで機能しないマイクを修正する方法の手順:

ステップ 1まず、自由にダウンロードして実行します FoneLab iOSシステムの回復 あなたのコンピュータ上で。

ステップ 2その後、USBケーブルを使用してデバイスをコンピューターに接続します。 次に、ツールのメインインターフェイスで、 iOSシステム復旧 オプションをクリックして 開始

iOSシステム回復オプション

ステップ 3次に、次のウィンドウで、AirPodsの修復モードの選択を開始して、実行する方法を確認できます。

修復モードの選択

ステップ 4修復タイプの選択が完了したら、をクリックして決定を確認します。 確認します 下のボタン。 最後に、プロセスが完了したら、AirPodデバイスを再起動し、iOSデバイスに接続して、正常に機能するかどうかを確認します。 あります!

[確認]ボタンをクリックします

これは、どのように FoneLab iOSシステムの回復 iOSデバイスの問題に対して機能します。 iOSシステムまたはAirPodsに問題があるときはいつでも、それらを修正する方法がわかりません。 このツールは、ニーズに最も適したプログラムでもあります。

FoneLab iOSシステムの回復
FoneLab iOSシステムの回復

FoneLabはiPhone / iPad / iPodをDFUモード、リカバリーモード、Appleロゴ、ヘッドフォンモードなどからデータを失わずに通常の状態に修正することを可能にします。

  • 無効化されたiOSシステムの問題を修正します。
  • データを損失することなく、無効なiOSデバイスからデータを抽出します。
  • 安全で使いやすいです。

パート3。マイクがAirPodsで動作しないことに関するFAQ

1. AirPodsマイクが通話に使用できないのはなぜですか?

AirPods のマイクが機能していない場合、マイクを使用するアプリやデバイスの一部では機能しません。この問題には多くの理由が考えられます。 上記の投稿に記載されている原因を参照してください。

2. AirPodsの寿命はどれくらいですか?

バッテリーに基づくAirPodの予想寿命は最高で、約2年間使用できます。 バッテリーが劣化するまで、2年間で好きなだけ使用できます。

以上が、「AirPods のマイクが機能しませんか?」という質問に対する完全な回答です。 この投稿で指定されたソリューションにいつでも頼ることができます。 それでも、AirPods マイクの問題を解決するために使用できる最も推奨される方法は、 FoneLab iOSシステムの回復。 確かに、それはあなたの要求と期待に合うでしょう。

また、皆様からのコメントをお待ちしております。 下のコメントセクションにメッセージまたはセクションを残してください。

FoneLab iOSシステムの回復
FoneLab iOSシステムの回復

FoneLabはiPhone / iPad / iPodをDFUモード、リカバリーモード、Appleロゴ、ヘッドフォンモードなどからデータを失わずに通常の状態に修正することを可能にします。

  • 無効化されたiOSシステムの問題を修正します。
  • データを損失することなく、無効なiOSデバイスからデータを抽出します。
  • 安全で使いやすいです。
コメントを残して、ディスカッションに参加してください